熱いヤツと冷たいヤツ
"モノ"作りはエドウッドのように純粋で情熱を持って、そしてなによりも楽しんでやりたいものです。

この魂は荒野を目指す
年を重ねると経験、知識、情報が増えていき"選ぶ幅"も広がるはずなのですが、逆に余分な脂肪が燃焼され、シンブルな塊となり、その分"奥行き"を求めるようになってきています。
鉛色の風
久しぶりにオットーを物色。このボディ優秀。

信じてみる
前に仕事を依頼していた人に数年ぶりに連絡。変わりないようで一安心。むしろ前より元気になったみたい。とても嬉しかった。
フールとクール
鋳物で30mm巾用のオリジナル8角バックルを製作しました。繊細な木型職人の技術で絶妙に仕上がったと思います。帯付きで販売予定です。

<< NEXT / BACK >>