<< この魂は荒野を目指す | main | ノスタルジーに浸ってる暇はない >>
熱いヤツと冷たいヤツ
"モノ"作りはエドウッドのように純粋で情熱を持って、そしてなによりも楽しんでやりたいものです。